カテゴリー別アーカイブ: 就職活動

転職で収入が減る場合もある

余裕のない気持ちで転職活動をすると、迷っている余地がなくなってしまって、労働条件が悪くても採用されそうな仕事を選んでしまうこともあるでしょう。

その結果として、これまでの仕事よりも年収が低くなることも多いです。これだと、一体何のために職を変えたのかわかりませんね。給料にも満足できるような職に就きたいなら、心にゆとりをもって仕事を探しましょう。転職しようとする際に、求められる資格は、専門の仕事以外にはそれほど多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができる点では、やっぱり、国家資格が強いようです。それと、建築、土木関係の場合、建築士のように「業務独占資格」と言われるような、該当の資格を有していないと仕事ができないといった仕事がかなりあるため、狙いやすいかもしれません。面接する際の身だしなみには細心の注意を払ってください。
清潔な印象のある装いで面接に挑戦するというのが重要なポイントです。

緊張であがってしまうとは思いますが、じっくりとシミュレーションしておき、本番に備えるようにしておいてください。

面接で質問される内容はたいてい決まっていますから、前もって答えを用意しておくことが大切です。転職理由は、書類選考や面接の際に非常に重要視されます。

相手を味方につける理由が無い限り評価が落ちます。

ただ、転職する理由を聞かれたとしても理解してもらう答え方がわからない人も多いと思います。ほとんどの人が履歴書を書く際や、面接の際に、この転職理由のために苦労します。
退職の原因が労働時間の長さである場合には「より効率の良い仕事の仕方を重視したい」、やりがいを感じる仕事と思えずに辞めた時は「新しい仕事にチャレンジすることで、自分を成長させたい」と記載すると受ける感じは悪くはないでしょう。

マイナスのイメージの転職理由も表現を変えると、ポジティブに感じさせるられるようになります。履歴書には150文字から200文字で書くのが理想です。