カテゴリー別アーカイブ: 未分類

自分でもびっくり、職業に持っていた印象

 仕事でドクターと言う肩書の外国人客を空港まで出迎えに行きました。ネームカードに書かれたDr. ○○を掲げてアライバルロビーで待っていたのですが、向こうからニコニコしたご夫婦がやってきて「お待たせしました」と言われた時、私は何も考えず男性に「ようこそいらっしゃいました」と挨拶、すると男性が「ありがとう。でも私は付添でワイフが○○博士です」とおっしゃいました。
 何故か私の中でDr. だから男性と勝手な印象を持っていたのです。確かに女性の博士もたくさんいらっしゃいます。博士である奥様に謝ると、「あなたが始めてじゃないし気にしないで」とおっしゃっていましたが、何とも気まずい感じでした。
 日頃性別など考えないのですが、自分の中にある職業への印象に自分でも驚いた1日でした。

あるニュースを見て、共感してしまいました。それは…JAFに「給油する燃料を入れ間違えた」という救援依頼が月に300件近くあるというニュースです。油種を間違えたことに気付かずに走行し、トラブルが発生して依頼しているものもあると考えられるので、実際にはもっと多くの入れ間違いがあるのではないかとのことです。
幸い私は、実際に軽自動車に軽油を入れる前に、間違いに気づかせてもらえたので、燃料の入れ間違いによるトラブルは起きていません。でも、「軽四」や「軽トラ」は、「軽油」を入れるのかな、と思っていました。これらも「ガソリン」車なんですよね…。
車検で代車が軽四だったことがあったので、それより前に気付いていてよかったです…。よその車を壊さなくてよかったです…。

一方で、私は最近あまり眠れないんですよ。そこで睡眠薬に頼っちゃってるんです。でも今使ってるアモバンのヤバすぎる副作用を知ってなんだか怖くなっちゃってます。でも、今更睡眠薬は手放せないですし私はどうすればいいんでしょうか。

ポケモンgoの若者への影響

任天堂のゲームソフト、ポケモンgoがアメリカや他の国々で社会現象と言えるほど人気を博しているようです。スマホを片手に外を歩きながらモンスターをやっつけるといったゲームらしですが、このゲームの良し悪しに論議を呼んでいます。これまでと違い、外を歩きながらするゲームなので、それまで家に引きこもっていた子供たちの運動不足を解消する、外へでるきっかけになるというように良い影響もあるらしいですが、半ばスマホ依存症になるといった欠点も議論されています。日本ではまだ未入荷のソフトですが、このゲームによる若者のさらなるスマホ依存症候群が増えることに懸念を抱いています。
その一方で”アマランサスが気になる”若者も増えているようです。最近話題のスーパーフードということで健康志向の強い若者は我先にと買っている様子です。流行に敏感な事によるメリットもデメリットもあるんですね。

昔は洗濯洗剤と言えば粉末だけだったのに今はジェルタイプ、
濃縮ジェルタイプ、ジェルボールタイプと何種類もあります。
ジェルタイプが出た時には冬の洗濯洗剤の溶け残りが無くなるから
便利だけどジェルボールタイプを使うことは無いかなと思っていたのですが
今はジェルボールタイプが一番のお気に入りです。
洗浄成分も沢山入っているそうで漂白剤や柔軟剤を別に使わなくても
嫌な臭いを取ってさらに柔軟剤のような良い香りもします。
計量もしなくて良くて見た目も可愛らしく洗濯の際のテンションが上がります。
洗濯が少ない時には香りが強いのでボールではなく濃縮ジェルを使っていますが
ジェルボール、一番のオススメです。

女のコと遊ぶ息子

三歳になり幼稚園に入園したばかりの息子ですが、以来、口から出るのは女の子の名前ばかりです。
別にそれは悪いとは思いませんが、男の子は男の子で遊ぶのかと思ってたので少し驚きもあります。
まだ年少さんだから普通なのかなとは思うけど、意外にも息子は大人しめの男の子だったのでしょうか。
Continue reading

思い出を繋ぐインターネットの恩恵

インターネットのオークションサイトなどを見てると、今となっては手に入らないような商品なども目にする機会があります。

欲しかったけれど当時はお金がなくて買えなかったもの。既に売り切れていて手に入らなかったもの。買う機会を逸してしまっていたもの。または手放してしまった思い出深いものなど。

もう二度と出会う事はないだろうと思っていた思い入れ深い品が、ひょっこり並んでいたりするのを目にした時の衝撃。思い入れが深ければ深いほど、その衝撃も大きなものとなります。これもインターネットが普及したから実現できた機会ですよね。

インターネットが普及し、既に自分の人生からは失われていた映像や音楽、物品などに触れられる機会が広がりました。これはやはり大きな恩恵だと感じる今日この頃です。

恩恵と言えば、ついにいとこが子供を授かりました。40歳を超えての妊娠だったので喜びもひとしお。

35歳のころから妊活をしているとは聞いていたのですが、40を超えてからいろいろと専門医療施設でのアドバイスや、いいと言われるサプリを飲んだりなどいろいろ努力していたみたいです。40代の妊娠や妊活に関するサイトもいろいろ調べていたみたいですね。とくにこのサイトが参考になったようです。

私は20台前半で子供を授かったし、比較的安産だったのでそれほど苦労はなかったのですが、高齢出産になると大変だなあと思う日々です。